前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

竹下元総理の孫DAIGOのバンドのギタリストSHINPEIさんの女子力について考える







竹下元総理の孫、DAIGOさんはBREAKERZというバンドのボーカルをやっています。
そのBREAKERZのギタリストがSHINPEIさんです。
こういうふうに説明しないと、いきなり名前を出されても誰?というふうになるので、こういう表題にしてみました。
そのSHINPEIさんが、2月1日に日本テレビで放送された「有吉反省会」に出ました。
有吉反省会という番組はゲストがさまざまな反省すべきことをたずさえて、それを話題にトークしていき、さいごに禊といわれる罰ゲームや約束を実行していくという内容です。
反省するゲストはそれこそ超有名人からローカルタレントまでいろんなひとが登場します。

ちなみに今回のゲスト、SHINPEIさんの反省は、

「見た目は強面のロックミュージシャンであるにもかかわらず  
                         中身はまるでカリスマ主婦のようで、すみません」

というもの。

見た目はたしかにコワモテです。
サングラスをかけていて、やせてはいるものの、筋骨隆々で武勇伝のひとつやふたつもっていそうな雰囲気です。
そんなひとなのにもかかわらず、ブログでは、作った料理はおろかその途中経過の写真まで掲載するわ、100円ショップグッズを使った収納術を載せるわ、すごいことになっています。

こういうひとをみると、サングラスの意味を再確認してしまいます。
ほんとうはさまざまな光から目を守るためじゃないのですかと。
それがいまではロックンローラーとかとがった肩書きのひとが、目とか性格などの愛らしさをかくすためにサングラスを使っているのではないかと感じます。TMネットワークの木根さんとか。

しかし女性にとっては、これだけ女子力が高い男性ってどうなのでしょう。
適度にあるぶんにはいいけど、あまり過剰なのもなという気がしませんか?
カリスマ主婦までいってしまうと・・・
こっちにも主導権くれよみたいなかんじになりそうで。

ちなみにSHINPEIさんさんの特技はせっけんを使ってきめ細やかな泡をつくることだそうです。
コツは手のひらにくぼみを作って高速で手をまわすことだとか。
観たその日にやってみました。
それなりにいい泡ができました。

ひとの手ってふしぎだなあってしみじみ感じました。

ふと気づいたら使ってくれそうなおんなのひとが近くにいませんでした。