タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

パッケージに白人の子がいると高級にみえた時代

そういう時代が小生にもあった。子どものころの時分は、まだ「奥様は魔女」みたいなアメリカのホームドラマが再放送されていた。団地住まいの少年にとっては、そこに映るリビングや台所に子ども部屋が高級にみえたのだ。


そしてそういうアメリカのホームドラマに登場する子どもが、じぶんよりも格が上にみえた。だから食べ物やおもちゃなどのパッケージに白人の子がいるだけで、なにか高級なもののように感じたのだった。 その代表格がグリコのアイス「Sky」であった。


スキャン画像 2015-08-19 14-14-22
 

値段は60円だし、厳密にいうと「アイスクリーム」ではなく「ラクトアイス」なのだけれども。ただ白人の子どもがでーんとでているだけで、なにやら高級なものであると勘違いしてしまうのである。ちなみにこの白人の子どもはこちらにも登場する。


スキャン画像 2015-08-19 14-06-00
 

ジャイアントコーンだ。顔のむきがちがうだけ。 むかしはバニラあずき味なんていうのもあったのだ。いまあったら食べてみたい。