前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

どぶろっくに関する考察









スポンサーリンク

アプローチはあくまでノーマル
どぶろっくをご存じだろうか。
中学生の女子に人気というお笑いコンビである。
ネタ自体は歌うあるあるネタであり目新しいというわけではない。
ともすればネガティブにな内容なのだが、卑屈さは感じさせず見事にポジティブに変換している。
結論から申してしまうと私は面白いと感じた。


歌ネタは飽きられやすい

最近の歌ネタといえば、テツ&トモさんであったり、ムーディーさんであったり、2700さんだったりと、最初は盛り上がるのだが、衰えやすいという印象がある。
なかなか定番にはならない。
そもそもお笑いは消費され絞り尽くされたら捨てられる。
そういう運命にある。
なかなか難しい。


先日スマスマにゲスト出演していたのだが

一つ気になったのが、

「女子中学生に人気」

というワードが前面に押し出されていたことだ。
こういうことを言ってしまうと「ああ俺は対象じゃないんだ」という観る側の偏見を助長してしまう。
40代のおっさんの私が観ても結構面白いのに非常にもったいない気がする。

それじゃ失敬


【Amazon.co.jp限定】CDR特典付~もしかしてだけど、アルバム(DVD付)【Amazon.co.jp限定】CDR特典付~もしかしてだけど、アルバム(DVD付)
(2013/11/20)
どぶろっく

商品詳細を見る