タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

私は差別感情を平気で外に出す凡人にはなりたくない



スポンサーリンク

『いっぷく!』1%台の戦犯は? TBSが練る、国分太一の“身代わり”リストラ候補(サイゾーウーマン)
放送開始1カ月で、1%台の低視聴率を連発している『いっぷく!』(TBS系)。
(中略)
とはいえ、低視聴率の原因として、国分をリストラするわけにはいかないTBSは、同番組レギュラーの“ハコちゃん”こと作家・伝統文化評論家の岩下尚文氏に、その責任をなすりつけようと画策しているというのだ。

「オネエキャラで知られる岩下さんには、実は視聴者からクレームが相次いでいるそうです。『朝から見苦しい』『あの人は出さないでほしい』といった声が寄せられているんだとか。それにかこつけて、TBS関係者の中に、岩下さんをレギュラーから外そうという動きがあるようです」(テレビ局関係者)



『朝から見苦しい』

『あの人は出さないでほしい』

誰がそういうことを言っているのであろうか。
こういうことをさも偉そうにマスコミに言うような輩こそよっぽど見苦しいし、大して問題意識も感じていないのに軽々しく口を出さないでほしい。
そもそも岩下さんほど知性があって、立ち振る舞いが美しい人はそうそういない。
オネエキャラなら何を言っても構わないという、ジェンダーに縛られた頭の固い大人はとっととテレビの回線を切って、自分探しの放浪の旅にでも出ていればいいのだ。
こういう人を見下す人間って何なのだろうか。
簡単に人を見下す人間というのは、見下すことであたかも自分が高位の人間であるかのように錯覚しているのかもしれないが実際は違う。
差別するというのは己の欲求であり、マズローの5段欲求でいうならば最下層の生理的欲求に等しい。
すなわち最下層の欲求すら満たされていないのだ。
なので、そういう人を見下す発言を外に吐き出すのははっきり言ってみっともないので止めたほうがよい。

人間が習慣を変える事は難しい。
それはテレビの視聴習慣にも言えることだ。
初まって間もない番組に結果を求めることがナンセンス。
まだ形すら出来上がっていないのに。

それじゃ失敬。



 
足跡帳に一言残す


ブログパーツ