前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

年末のダウンタウン笑ってはいけないシリーズを早送り観して感じたこと







先日も書いたとおり年越し夜勤だったということもあって、リアルタイムでテレビをじっくりチェックというわけにはいかなかった。ただバルトが総合格闘技デビューするというのが気になって、そこだけ職場のテレビでチェックしたのだけれども。


なので仕事が終わって家に帰ってきたときに、「絶対に笑ってはいけない名探偵24時」をチェックした。とりあえずは早送りしながら。なにかこう年を経るごとに番組の予算が減らされているのだなあということを想像させられる。


それを象徴するのが、メインの舞台にむかうバスの中だろう。 以前はこれでもかっていうぐらいたくさんの芸能人がバスの中に入ってきて、さまざまなネタを展開してきた。だけど今回はあれ、これだけ?という感じだ。主だったネタは2つ。しかもそのうちのひとつは1月からの新ドラマの番宣まじりだった。


やはり予算が削られているから、芸人以外の分野の芸能人を呼べないのだ。ある程度定着したシリーズにもなっているから、多少そういうところを削っても観るニンゲンはいるだろうという肚なのかもしれないけれど。 でもまがりなりにも紅白に対抗しようとする年末特番ならば、”芸人を中心としたゲーム”ばかりでお茶を濁しちゃいけない。


それに関してもう一ついわせてもらえば、キスおばちゃんという好素材を”芸人を中心としたゲーム”の単なる罰ゲームに組み込まないでほしい。ただ登場させて松ちゃんにキスさせるだけでは芸がない。前にあった医療器具からいきなり顔を出してキスしてくるみたいな趣向をこらしてほしいと願うわけだ。


しかしそこも予算の関係なのかもしれない。観ていてそんなにスポンサーが減ったという感じはしないけれども。あと最後に一つだけ願うこと。”新おにい”みたいな通常のテレビにはありえないような新キャラがみたい。これなら予算関係なくアイデア一つでどうにかなりそうだし。