前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

中学生なんて基本無知じゃない









 劇画原作者の小池一夫氏のTwitterが反響を呼んでいる。中学1年生の女の子が出会い系サイトにアクセスする。これはあくまで”悪”ではなく、原因のひとつである。まさかこれで中1の子に対して自己責任とかいうニンゲンはいなかろうが。

 中学1年生のころはまだ物の分別もわからない時期であり、その上でネットもあるから我々の中学生のころより情報も無分別に入ってきやすい。 そしてまた出会い系サイトというものに興味が沸いてしまう年頃なのである。

 小池氏のツイートのなかで気になったのが、”女の子じゃない。女。”ってところだ。倫理観も貞操観念も中学1年生ならまだ発展途上の段階だろう。女としての自我があるか中学1年に。もし性交渉の経験があったとしても、育っていないだろう。それとも”女”なのだから自己責任の部分もあるというのだろうか。 

 この手の案件はまた、親だけが悪いかというとそういう問題でもない。大人全体が未発達なのだ。だから子どもも時にこうしてフラフラしてしまう。まあ未発達な大人そのものなのが今回の犯人なのだけれども。 

 なんか”やられた方も悪い”で思考停止するヒトって、頭が悪い大人にみえるのだな。そういう頭の悪い大人の一部が、そこからさらに開き直って、弱い者を食い物にしようと企むわけだ。クワバラクワバラ。クワバラカズマは幽☆遊☆白書の登場人物。