前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

ベッキーの復帰を阻むことがはたして”世間の意見”なのか







290 : 名無しさん@恐縮です@無断転載は禁止2016/04/28(木) 14:50:54.00 id:zcDFZleG0
あの矢口も1年以上休んで今復帰してもCMポシャるほど世間は許してない。 果たして、ベキは戻れる気満々なんやろーか

http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1461727879/l50 
 もはや公衆が自由に読んだり書いたりできるネットの空間において、このような発想をあからさまにする行為が恐ろしいというかなんというか。この匿名の書き込みには2つばかりそれってどうなのというどころがある。

 ひとつに”CMがポシャるような”クレームを入れたニンゲンの意見が代表的な”世間”の意見なのかということ。そうではないだろう。多くの”世間”のヒトはクレームを入れたくなるほどの嫌悪感なんて持っていないはずだ。勝手に”世間”を代表しないでくれという話なのである。

 そしてふたつ目に、多くのヒトに被害を与えたわけではない、内輪間での失敗をしたニンゲンに対して芸能界へ復活することはまかりならんという考え方だ。 匿名の掲示板だから軽い気持ちで書いているのかもしれないが、もし本気で書いて実行に移すことも辞さないというのならもはやそれは心の病気である。

 この件についてブログを書くときいつも言っていることだが、不倫はよくないのはわかりきっていること。ただそれで”永久追放”するのがはたしていいのか。それってもはやイジメでしょう。なにかのきっかけでイジメに遭っている子の教科書に落書きするのともはや一緒。