前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。

子どものころからこの頭ですね。(片桐はいり)

テレビ東京「チマタの噺」より


  そうだったんだ。たしかに片桐はいりのサラサラロングヘアーなんて想像もつかないけどね。さいきん子役の子でおかっぱ頭の子がよく出ているけど、本人いわくライバル視しているらしいよ。

 しかしあれだね。このヒトこそどんな役をやっても片桐はいりだね。演技が同一っていうんじゃないよ。一目見て印象に残るってことさ。あのビジュアルもひとつの才能だよね。

 だいたい顔面の主張が強すぎて、その日本人離れした体躯と、おしゃれなファッションもかすんでしまうのよね。すごいこのヒトおしゃれよ。でもそこになかなか目がいかないのね。

 で、話を聞いてみると東京・大森生まれの大森育ちで、いまも大森に在住なんだとか。弟さんがいて、グアテマラに在住しているそうだよ。スペイン語学校を経営しているんだってさ。奥様もあちらのヒトだそうで。

 その奥様がたまに日本にやってくるんだけど、片桐はいりの作ったごはんを一切食べないのね。から揚げが好きでそれを買ってきて食べるんだとか。文化も違うし本人は気にならないらしいんだけど。日本食だから弟さんは喜んで食べているわけだしね。

 でもときどき心の中で思うらしいんだよ。


f:id:hanpeita1973:20160907135715j:plain


「一口ぐらい食べたらいいじゃないの!」

 ってね。俺がグアテマラ人だったら食うよ。この顔でいわれたら。文化というものを超越してるわ。 

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、俺は君の傍にいる。