読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和50年代少年のKOTOBASM

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

唸れウエスタンラリアート!【スタン・ハンセン】

【年代別】1980年代 【カテゴリ別】プロレス






 ハンセンのばあい、キャッチフレーズは「不沈艦」よりも「ブレーキの壊れたダンプカー」のほうがしっくりとくる。近眼がゆえにものすごい勢いでリングを猪突猛進する姿は、まさにブレーキが壊れたダンプカーそのものだった。

 

f:id:hanpeita1973:20170115112628j:plain




 子どもの時分はハンセンがどうも好きになれなかった。いつも反則を使ってザ・ファンクスをとことんいたぶっていたからだ。それだけのパワーがあれば、反則しなくても勝負できるじゃないかというおもいがあったのだ。

 いま考えると、あれは年齢の衰えがあるファンクスの名誉をなるべく傷つけない方法だったのだ。力と力のぶつかり合いで負かしてしまったら、ファンクスの立場がなくなってしまうわけだから。

 しかしそんなハンセンも、歳を重ねてファンクスと同じような道をたどることになる。日本人レスラーとタッグを組んで戦うようになったのだ。やはりハンセンほどのレスラーでも衰えるときはやってくるのだった。

 ハンセンの奥さんは日本人で、いまはふたりでテキサスに住んでいる。いつだったかテレビで観たのだが、奥さんは看護師で、ハンセンは専業主夫をやっているのだとか。歴戦のダメージで、働けない体になってしまったのだ。

 みるとみるも無残な体になっていた。手術の痕が痛々しくて。ファンクスだけでなく、自分の体もいたぶっていたのだ。それでもあのでかい図体で、器用に楽しそうに家事をこなしていたのが印象的だった。

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、僕は君の傍にいる。