読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

対決!?リッツとルヴァン







 ヤマザキナビスコのライセンス契約を解消し、ヤマザキビスケットという新しい名前に変わった。そしてリッツはナビスコの方なので、ヤマザキビスケットはリッツに代わるクラッカーを売り出すことになった。

 それがルヴァンである。ルヴァンのCMには、それまでリッツのCMに出演していた沢口靖子が出ていて、彼女のリッツパーティーが二度と観られなくなってしまったというのは、このブログでも以前に書いた。

 そのルヴァンがどんなものなのか。ためしにスーパーで買ってみた。比較対象として、リッツも一緒に。まだリッツの方は”ヤマザキナビスコ”のまんまである。

 


f:id:hanpeita1973:20160915135353j:plain


f:id:hanpeita1973:20160915135533j:plain


 


 はたしてルヴァンは、世界で愛されているリッツに勝てるのか。食感はリッツが軽やかとするならば、ルヴァンの方が重厚な感じがする。味は甲乙つけがたい。どっちも飽きのこない味といえるだろう。 


 


f:id:hanpeita1973:20160915135914j:plain


f:id:hanpeita1973:20160915135927j:plain

 原材料もさほど変わりがないが、ルヴァンの特徴として発酵種とライ麦粉というのがある。

 箱の裏はというと。


f:id:hanpeita1973:20160915140243j:plain



f:id:hanpeita1973:20160915140333j:plain

 クラッカーのカタチは変われどやってることは変わっていない。はたしてリッツは、ナビスコ単独になってもこの”裏情報”を踏襲するのだろうか。

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、俺は君の傍にいる。