読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

あの池無くなってたって?【ロート製薬のオープニングキャッチ】







f:id:hanpeita1973:20170203145121j:plain

 オープニングキャッチというのは、番組を一社提供するときに使われる特殊な提供クレジットの一つである。スポンサーが複数のばあいは、たいていまとめてブルーバックに白字で会社名が出る。

  しかし一社提供ならば、背景なんかは自由にできるわけだ。なんなら動画にしたっていいのである。これだと視聴者に大きなインパクトを残せる。キャッチとはよくいったもので、つかみはOKである。

 たとえば子どもの時分、毎週日曜日の朝というと、いつも御幸野球教室を観ていたものだから、いまだに「みゆき~みゆき~」という男性コーラスが脳裏に残っている。日立の「この木なんの木」も大きなインパクトを残している。

 本題に入ろう。オープニングキャッチで昭和時代によく流れていたのといえば、ロート製薬ではないだろうか。アップダウンクイズやクイズダービーなど、有名な番組をたくさん一社提供していた。



 広大な敷地にみえるが、本社は大阪市にある。ところで、画面の左下に池があったのをみなさん覚えていただろうか。この池がいまでは駐車場になってしまったのだとか。衝撃の事実である。

 つい最近まで、スマスマのオープニングに流れていたが、いまではみかけなくなってしまった。一社提供の番組じたい少なくなってしまったのだ。

 いまなにかと問題を起こしている東芝が、サザエさんや東芝日曜劇場の一社提供をしていたのも、いまでは遠い昔に思える。これも時代の流れか。

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、僕は君の傍にいる。