前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

器の小さい社長発見







12dd1240167b64ed20636c8328451b2d4535bc191445495315


要は満員電車のなかで、性描写が載った漫画を社員章つけて読んでいた試用社員を辞めさせたという話なのですが。たしかに社長は正社員にさせない自由はあるかもしれないですが、こんなことを新聞の投書欄に投稿するような社長の会社なんてたかが知れていますわ。


まずは面接で、人間性を見抜けずに採用したあんたがアホンダラだって話です。おそらく表向きのやる気アピールだけで軽率に採用したのでしょう。もし漫画を読むのが問題ならば、試用期間の間に教育すればいいじゃないですか。


それをたかだか1回反抗されただけで、昇格させないというのは、器が小さいのですよぶっちゃけ。有能な人だっていうのならなおさらです。数十人の社員を抱えている社長であれば、個人的感情だけでヒトの解雇を決めるなって話ですわ。


そういう小さい器だから、試用期間中の社員と同じ時間に、満員電車で帰るような社長に過ぎないのですよ。あと問題は最後の一文ですわ。茶髪のコギャルという言葉で一括にしているのがあまりにも残念すぎです。そういうレッテルを貼るニンゲンってたいてい表層でしかモノを見られていないのですよね。