前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

なぜラーメン二郎に行ってしまうのか







DSC02035

藤沢に引っ越してきてからというもの、月に2,3回は食べに行っています。とりたてて物凄くおいしいというわけではないのだけれども、なにもない時にぶらっと行ってしまうのです。写真は小ラーメンのヤサイ増しです。


いつも小ラーメンのヤサイ増しです。ラーメン二郎というラーメン屋を知らないヒトに説明すると、このお店のラーメンはボリュームがあるのです。だから小ラーメンでワタクシの場合は十分なのです。


ちなみになんでヤサイ増しなのかというと、野菜が食べたいというのもあるけれども、野菜を多めにしないとワタクシには味が濃いのです。 となりの席で「カラメ(味濃い目)」というコールをするヒトがいると、舌おかしいんじゃないの?って心のなかでつぶやいてしまうぐらい濃いのです。


それでも食べに行ってしまうのは、やはり自分の体の調子がどんなものか試してみたくなるのです。気持ちが落ち込んでいるときとかに食べに行って完食するじゃないですか。そうするとまだまだ自分は大丈夫だと実感するわけです。