タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない。

洗練されし狂人 ~昭和の政見放送~

選挙期間まっただ中の今日この頃であるが、僕は棄権する。政治というか、選挙に投票するという行為じたい、独自の哲学を持っているニンゲンにとって、無意味なものであるからだ。

生死の間を彷徨う旅人

逃れようのない宿命。死とはそういうものだ。死というのは、はたしてほんとうの終わりを意味するのか。それともたんなる通過点なのか。確信できる答えは出てこられようがない。それが人生というものなのだろう。

愛の奇跡

ヒデとロザンナの出門英さんが亡くなってから、はやいもので27年になる。最近は男女デュオということばもあまり聞かれなくなった。むかしはそれこそたくさんいたものだが。

おときた駿は議員辞職してまた信を問うべきではないのか

どこのチャンネルをザッピングしても、このヒトのことを賞賛している。べつだん小池百合子を応援しているわけではないのだが、なにかこうおときた駿というヒトに対して、すっきりしないのである。

みっちゃんみちみち

みなさんはこのような歌をご存じだろうか。 みっちゃん みちみち うんこたれて紙がないから 手でふいてもったいないから たべちゃった