前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

マイ・ピュア・レディ【小林麻美】







f:id:hanpeita1973:20170525100133j:plain
 日本におけるテレビCM史のなかで、資生堂のコマーシャルというのは、大きな足跡を残している。今日にいたる資生堂のブランドの力はコマーシャルによってつくられたといっても過言ではあるまい。

  なんて堅いはじまりになってしまったが、要はおしゃれなのだな。そういえばむかし、資生堂の一社提供番組に「おしゃれ」っていうのがあったが。みたことないけど。男はみなくていい番組だったであろうし。


 その数ある資生堂のコマーシャルのなかで印象に残っているのが、このマイピュアレディであった。この小林麻美の美しさは言葉で形容しがたいものがある。小林麻美というとワンレングスというイメージだが、髪型は断然こっちのほうがよい。

 そして特筆すべきは彼女のこの目ヂカラであろう。最後のホーローのカップでなにかを飲みながらカメラをみつめるその目は、みているヒトの目をくぎ付けにしてしまう。そこで「マイピュアレディ」の文字と声がかぶる。さすがとしかいいようがない。

 しかし資生堂のコマーシャルにも、ひとつツッコミどころがある。映像とコピー(このCMでいえば「マイピュアレディ」)はものすごい印象に残るのだが、残りすぎて商品の名前がまったく頭に入ってこないのだった。

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、僕は君の傍にいる。