読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

前衛アングラ芸人・きぐるいツネちゃん(明智半平太)のブログ「昭和50年代少年のKOTOBASM」

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

若いから選ぶかっこいいエリートS ハッパふみふみ(大橋巨泉)







オークラ出版「ちびっこ広告図案帳」より


 


https://www.instagram.com/p/BHeIFDVD4Fw/


Instagram


 いつだったかテレビ朝日徹子の部屋永六輔と出ていて、あまりにやせ細っていたので驚いたよ。そりゃニンゲン誰だって歳をとるってのはわかっているよ。でも大橋巨泉のばあい、太ったまんまポックリ逝くイメージがあったもんでね。

 俺の中にテレビに映る巨泉は、たけし(ビートたけし)とか景子(竹下景子)とかいろんなタレントを呼びつけにしてふんぞり返ってる傲慢なオッサンというイメージがあってね。

 そのむかし「巨泉のこんなモノいらない」という番組があったんだけど、お前がいらないんじゃないか疑惑があったね。そうはいってもこのヒトほど自分の名前が冠番組になっているヒトもいないんじゃないかな。一時代を築いたオッサンさ。

 もっとむかしには万年筆のCMに出ていて、そこからハッパふみふみという言葉も生まれた。万年筆。いまとなってはあまり使われなくなったけど、憧憬はまだ残っているんだな。

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、俺は君の傍にいる。