ハードボイル道 ~酒と泪と哲学と昭和ネタの日々~

とは言いつつふだん酒は飲まないのであるが。

そんな95歳の”婆さん”の発言に目くじらを立てなくても


 にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ

f:id:hanpeita1973:20180410233815j:plain

4月10日 綾瀬にて

 【あらすじ】

 瀬戸内寂聴さんのある発言が波紋を呼んでいる。まあ安倍首相のところは、なにかこう夫婦のあいだに、深い事情を抱えていそうなかんじがするのだが。

 

 

snjpn.net

snjpn.net

 

 天下の瀬戸内寂聴先生にむかって”婆さん”呼ばわりするのもなんなのではあるが。おそろしい気がする。95歳の婆さんが権力者について、ちょっとなにか言ったら、若者たちがよってたかってその婆さんを叩くという構図そのものが。

 

 発言そのものについて批判するならまだしも、彼女の過去の不倫だとか、いまでも肉を食べているだとかを引き合いに出して集団リンチ状態だ。叩いている側が自分たちは”集団”ではなく、ひとりの個として発言していると思っているのがこれまた厄介だ。

 

 それがまたインターネットというツールのおそろしいところなのであろう。高須先生も、やはり優秀な頭脳を持っている。みずからはあいまいな発言にとどめておいて、うまいこと”みえない集団の構成員”を煽動している。

 

 ハナシは変わって、修行とはいったいなんであろうか。千日回峰行みたいなのものか。でもそういう厳しい修行だけが仏教の本道なのであろうか。仏教はもっと懐が深い宗教なのではないだろうか。

 

 だからこそ寂聴さんみたいな婆さんがこうして95歳にもなって、ハツラツとして自由奔放な発言をしていられる。最初は修道女になろうとしたらしいけど、寂聴さんの場合はこっちでほんとうによかったのではないか。

 

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、僕は君の傍にいる。