KOTOBASM

言葉を使うようになって、ヒトは”時”を作った。それまではただ目の前にやってくる”生”を生きるだけだったのに、言葉と時制を持ったがために、ヒトはやがてくる死というものに怯えるようになった。

自分史上最大の断捨離

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

 かもしれない。ヒトによっては、たいしたことないと思われるかもしれないけれども、元来僕は物が捨てられない。日本テレビの「月曜から夜ふかし」をごらんになっているヒトならわかると思う。あの株主優待券生活の桐谷広人さん並みといっても過言ではない。

 

  そんな僕がいろいろと処分をしている。ここのところ、いろいろあって、いろいろと自問自答していくなかで、物への執着をなるべくなくそうと決意した。で、実際断捨離をやってみたら、藤沢市のゴミ袋代がけっこうな値段になってしまった。

 

 そして本もブックオフに持っていった。文庫本や新書本、数は少ないがマンガ本も合わせて100冊にはなるだろう。だが実際に査定してもらうと、500円弱ぐらいにしかならなかった。多くの本に値が付かないのである。

 

 そんなものだ。ハナから期待はしていなかった。そもそも読書するヒトなんていまや少数であるし、ベストセラーでもなければ、この狭い藤沢で読みたい本が一致するなどということは無いからだ。ましてや古本である。

 

 ヒトに本を薦めるヒトがいるけれども、よっぽど趣味が合うとか実用性がなければ、そうそう”読みたい本”など合致するわけがないのだ。音楽や映画に比べると”人それぞれ”が如実にあらわれるのが、文字の本というヤツなのである。

 

 話はそれたが、その売ったお金を足しにして、すぐさまいろいろあって買えなかったAIKOさんのニューアルバムCDを買った。AIKOさんは断捨離できない。しかもCDでないと嫌なのである。執着が捨てきれない。

 

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸がつづくかぎり、僕は君のそばにいる。