KOTOBASM

言葉を使うようになって、ヒトは”時”を作った。それまではただ目の前にやってくる”生”を生きるだけだったのに、言葉と時制を持ったがために、ヒトはやがてくる死というものに怯えるようになった。

このブログについて

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

 いちおう記録上は、2013年9月から始まっている。はてなブログの前はライブドアブログを使っていたので、それをそのまま掲載したものと考えられる。ブログ自体は2005年から書いていた。

 最初はアメーバブログで、削除もしていないから、いまだに残っている。あるていど記録すると、ちがう場所に引っ越してしまうというブログ放浪癖みたいなものがあるのだが、いまはとりあえず落ち着いている。たぶんここが安住の地になっているのだ。

 よくよくみたら2016年の12月22日に開設ということになっている。ちなみにブログ名もたまに変わる。はてなではじめたときに「KOTOBASM」で、原点に返りたくなってアメブロから使っていた「ハードボイル道」に。

 

 そして2019年1月現在、また「KOTOBASM」となっている。管理人は頭のネジがどこか一本抜けているのである。一貫性というものが欠けているのだ。

 

 そのようなブログであるが、いちおうテーマは複数ある。まずは管理人が過ごした昭和の思い出話。それに現在籍を置いている大学の話。その大学で学んでいる哲学・倫理学・宗教学を絡めた話。生きるために欠かせない食べ物の話。管理人が好きなテレビの話。

 

 それに加えてたまにふと思ったことを日記として記録している。テーマはそれぞれバラバラのようにみえるかもしれないが、どれも昭和40年代生まれのおっさんの視点といつも少年の心を失わないでいようとする感性で彩られている。

 

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸がつづくかぎり、僕は君のそばにいる。