KOTOBASM

言葉を使うようになって、ヒトは”時”を作った。それまではただ目の前にやってくる”生”を生きるだけだったのに、言葉と時制を持ったがために、ヒトはやがてくる死というものに怯えるようになった。

君はザ・デストロイヤーを知っているか

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

 

f:id:hanpeita1973:20190111133907j:plain

 力道山ジャイアント馬場アントニオ猪木の3人と戦った経験のある存命中のプロレスラーは、もはやこのヒトだけかもしれない。プロレスラーというのは早死することが多く、いうなればそれだけ肉体的に過酷な職業なのだともいえる。

 

 

 

 ちなみにこの動画の対戦相手であるヒロマツダ選手も、デストロイヤーより年下であるが、62歳の若さで亡くなっている。昭和のプロレス好きのヒトならわかるであろう。この2人の対戦が珍しい組み合わせであるということを。かくれた名勝負といえよう。

 

 僕の記憶の中のデストロイヤーは、リアルタイムでみたのが晩年で日本陣営で戦っていたのと、「うわさのチャンネル」というバラエティーに出ていたということもあって、親しみのあるお茶目な外国人レスラーという印象だった。

 

 デストロイヤーの必殺技「足4の字固め」は、相手の右膝のあたりに取った左足を上に乗せ、その上から自分の左足をかぶせるようにロックするワザで、相手の両足が数字の4にみえるように交差していることで、その名がついた。

 

 この技は足が太くて、なおかつ短いと、外れにくく威力が増す。まさにデストロイヤー向けのワザともいえる。テレビがまだ白黒であった時代、このワザをかけられたら一巻の終わりということで、逃れようと力道山も必死であったのだ。

 

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸がつづくかぎり、僕は君のそばにいる。