読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昭和50年代少年のKOTOBASM

団塊ジュニア世代とも、悲劇の世代ともいわれる昭和48年生まれが管理する、昭和ノスタルジーといまを語るblog。僕たちが生きてきた証のことば。それはイズムそのものである。(明智半平太)

そういや最近ではスパゲティなんてコトバも使われなくなったけど【スパゲティの呼び方】

【年代別】1970年代 【カテゴリ別】CM・広告






 最近はスパゲティもパスタと呼ばれるようになった。スパゲティというのは、パスタの種類の一つらしい。本場のイタリアでは、それこそ多くの種類のパスタがあるのだとか。ついついこちらは全部マカロニとスパゲティで分けてしまうのだが。

 
 ちなみにウチには昭和40年代後半の「きょうの料理」の本が20冊ほどある。「きょうの料理」というのは、いまでもNHKで夜9時にやっているあの番組である。テレビのほうは企業名を出すのはご法度のNHKも、雑誌は広告OKらしい。

f:id:hanpeita1973:20170131204844j:plain

 子どものころは、スバゲティと言っていたが、昭和48年はスパゲチと呼んでいたらしい。ちなみにこの日本製麻という会社は、日本ではじめてパスタの乾麺を製造した会社である。意外にも日本製粉ではなかったのだ。でもちょっと待てよ。

f:id:hanpeita1973:20170131210459j:plain

 よくみるとこっちの看板は”スパゲッチ”になっているではないか。なにが正解なのだろう。いやどうみても看板の方が正解だろう。というか間違っていたところで、じゃあ”ツ”を取り除けといわれても困るというハナシだ。

f:id:hanpeita1973:20170131212540j:plain

 ちなみに同じ号に載っていたオーマイ(日本製粉)の方は”スパゲッチ”になっていた。そういや昔のスパゲティはみんな赤かった。なんといってもあのころは、ミートソースかナポリタンしかなかったのだから。

 いつだったか。家族でサイゼリアに初めて行ったとき、イカスミのスパゲティをみて仰天したことがある。誰が頼んだのだろうか。父か。母か。まさか6歳下の妹ではあるまい。あれは一種のカルチャーショックであった。

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続く限り、僕は君の傍にいる。