KOTOBASM

言葉を使うようになって、ヒトは”時”を作った。それまではただ目の前にやってくる”生”を生きるだけだったのに、言葉と時制を持ったがために、ヒトはやがてくる死というものに怯えるようになった。

ブログを引っ越ししました。

kotobasm.blog.jp よろしければ相互フォローの方もよろしくお願いします。確認したらすぐにお返しします。またここに戻ることもあるでしょう。その日まで。 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸がつづくかぎり、僕は君のそばにいる。

ニンゲン社会はリーダーをおときた駿に託すことはできるのか

基本僕は政治というものに関心を持たないようにしています。選挙にも行きません。ただ”ニンゲン社会”について考えることは好きなので、そういう意味では”部外者アイ”で選挙というものを見ています。

昼のスクーリングのはなし

市ヶ谷駅を出ますと、まだところどころに花を咲かせた桜の木が見られます。4月12日。まだ肌寒く感じます。(ちなみに左下の木の枠みたいなものは彼女の遺影を入れたフォトスタンドで、一緒に見ているという意味があります)

今日の大学が求めているのは知性ではなく、使いやすい労働力

衣食住は両親が頼り。研究費は非常勤講師やアルバイトでまかなった。研究職に就こうと20以上の大学に応募したが、返事はいつも「貴意に添えず」だった。読まれた形跡のない応募書類が返ってきたこともあった。

バカ殿様はこれがないと物足りない

僕の家は両親が共働きということもあって、テレビを観ることじたいにほとんど制限がありませんでした。ドリフターズの番組というのは、当時PTAも、子どもが観るのにふさわしくないといっていたものですが、うちはふつうに観ていました。

昭和末期の相撲と令和のあいだ

先日、元横綱の双羽黒こと北尾光司さんがお亡くなりになりました。僕は昭和末期に相撲をよく観ていて、双羽黒はそのころに活躍していた力士なので、さみしいかぎりです。

”TETSUGAKU”

職場にフィリピン出身のヒトがいるのですが、そのヒトに大学でなにを専攻しているのかを聞かれました。

おもえばずいぶんと間があいたものだ

おひさしぶりです。4月からまたガラリと環境が変わることになりまして、その準備に追われていました。大学も進級したはいいのですが、では新しい年度はどうするかというのもありまして、その準備にも追われていました。

サギ師・イケダハヤト

なんて題名をつけたら怒られるか。ただ「AIがヒトの仕事を奪う」というコトバそのものは、サギ師臭がプンプン臭うのである。

ヒット曲などなくても内田裕也は内田裕也

www.nikkansports.com いま思うと、奥様の樹木希林さんの葬儀のとき。内田裕也さんの表情は神々しかった。もうあのときから、この結末は決まっていたのではないかとさえ思われる。あくまで結果論にすぎないのであるが。

ピエール瀧さんとコカインについて

【電気グルーヴが好き 署名背景】https://t.co/06CDOYvv1eピエール瀧容疑者の逮捕を受け、電気グルーヴの作品は配信停止や在庫回収が決定。こうした中、方針撤回を求めるオンライン署名が始まり、17日現在、2万5千筆の支持を集めている。発起人に思いを聞い…

卒業

という歌を思い出すときに浮かんでくるのは、尾崎豊であったり、菊池桃子であったりするのだが、今回は斉藤由貴の「卒業」のハナシである。

ベスト・オブ・無難「辰巳琢郎」

最初にこのヒトに出馬を依頼しようと思いついたのは、誰なのであろう。あのヌボーっとした幹事長が考えたとは考えられない。絶妙なところを突いている。

芸能リポーターのお仕事

先日テレビを観ていたら、梨本勝の娘さんが出ていた。現在はお父さんの会社を継いでいるのだそうだが、突撃取材ではなくインターネットでネタを探していて、他にもコールセンターでアルバイトをしているのだとか。

ザ・デストロイヤーと足4の字固め

”教養”について考えてみる

”教養”とは、僕の手元にある新明解国語辞典によると、文化に関する、広い知識を身につけることによって養われる心の豊かさ・たしなみとある。

アウティングと”少数派”の生き方

アウティングというのは、セクシャルマイノリティであるということを本人の了承を他者に暴露することである。これが原因で大学生がパニックに陥り、転落死するという痛ましい事件があった。

ビートたけしの活舌

今年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」が第6話にして視聴率が10%を切ったということで、話題になっている。ちなみに僕はここまで欠かさず観ているのだが、僕のアパートのテレビジョンには視聴率調査のための機械などついていないので、まった…

コトバを戦わせているあなたとふだんのあなたはちがう

きっかけはTwitterにおける僕のツイートに、ユーチューバーで生計をたてたいと志望する若者からリツイートがきたことからはじまった。

日本大学通信教育部のハナシ(なぜにここにしたの編)

3月になったものの、老若男女問わず、どうしようかと悩んでいるヒトもいると思われる。通信教育で大学の勉強をしてみたいけれども、どこの大学がいいかとか、それ以前に入学するかどうかで。

このまま独りで社会に生きていくためには

先日、ショッピングモールのATMの行列に並んでいたら、先頭の女子高生がスマホでおしゃべりしながら、だらだらと操作していた。どっちかにしろとよっぽど言ってやろうかと思われた。

目にみえる世界

今朝、通勤の道すがら、いわゆる歩きスマホをしていて、歩道の標識に激突したヒトをみた。せめて道を歩いているときぐらい、スマホをみるのをやめればいいのにと思う。

まむしミルク

46歳一人暮らし。もうなにを食べたり飲んだりしようが自由なのである。ついこないだまでは、一人暮らしでもなにかと食生活を心配してくれて、差し入れしてくれた人がいたのだが、いまはほんとうに一人になってしまったので、自分でどうにかしている状態だ。

バカのための大学で英語を学ぶ際に用意したい英和辞書と参考書

このごろずいぶんとブログにおける更新の間隔が開いてしまっていた。というのも、2月は全部、土日に英語の講義が入っていて、平日も予習復習をしていたのだ。また翌日の仕事に差し支えないように睡眠時間も確保せねばということもあった。

スチュワーデス物語

こういうニュースを見聞きすると、自分が歳をとったということを痛感する。堀ちえみさんのがん告白のことだ。小学校高学年から中高生にかけて活躍したアイドルがこういった病魔におかされるというのは、とても切ない。

千代田送信所のスーパーターンスタイルアンテナ

今月は土曜日曜と大学のスクーリングがあって、市ヶ谷の校舎まで通っている。日曜日は16時半で講義が終わるので、日本テレビの分室に寄り道してみた。市ヶ谷駐屯地に勤めていたころに行ったきりであるから、25年ぶりということになる。

頑張らなくてもいいから、いてくれればそれでいいから

今の私の率直な気持ちです。 pic.twitter.com/0nZGp8QUKe — 池江 璃花子 (@rikakoikee) 2019年2月13日 最初にこのニュースを聞いたとき、愕然とした。18歳でアスリートとして素晴らしい成績を残し、さあ次のステップへ・・・という時に。才能のないこの46歳…

先日のスクーリングのハナシ

心配されていた雪は、湘南にかんしては積もるということもなかった。土曜日曜はスクーリングであった。日本大学通信教育部というところは、補講がないので、なにがなんでもスクーリングは実施する。金曜日の夜から”実施するからお前ら来いよ”的な通達があっ…

Twitterのアカウントが凍結された!

あーあ(・Д・)いくさん、オイラに続いておじさんの凍結が、、ツイッターではとにかく性や政治を論ずべからずって事か。うんこなうツイッター。 pic.twitter.com/b0BIN6jp3q — 日の丸じゃぱ男@きみおくん (@hinomarujapao) 2019年2月6日 まあしょうがないのだ…

やはり運転免許ないと困るので

住んでいるアパートの最寄り駅、東海道線辻堂駅北口前には、125ccまでのオートバイが止められる駐輪場がある。今日の仕事帰りにいつものように駐輪場に行ったら、一台のスクーターが横転していた。